Blogクリニックブログ

ルーティン

突然ですが、皆様はルーティン(精神を集中するために行う行為や動作)をお持ちでしょうか?ルーティンといって特に思い浮かぶのはこの2人のトップアスリートの精神集中法ではないでしょうか?

o0399060013453598132 14340_original

ルーティンとは、いつも必ず行う決まり切った手続きや仕事の事。日課。(ルーティンワーク)

日常生活の中で人は決まった流れの中でほとんど無意識に同じ行動様式をとっているとも言われます。

迷わずに同じ動作をとることで精神的に落ち着き、自信を呼び覚まします。

ルーティンを守ることで、余計なことを考えずにその場に集中できます。ルーティンは日常を思い起こさせ、ホームグラウンド心理を呼び起こします。このホームグラウンド心理こそが自信を呼び起こし、普段の実力を厳しい場で発揮できる心理状態を作ります。

習慣化された作業を体に強く刻み込むことで、身体脳の記憶が強固になります。

試行錯誤しながら、自分で作り上げたルーティンによって、心と体をベストの状態に保ち、ベストパフォーマンスを発揮できます。

さて、私も私流の”儀式=ルーティン”を持っています。

当院採卵室には御札(護摩供御札)を飾ってあります。この御札は家内安全、子宝祈念成就などに御利益があるものとして、弘法大師由来の寺よりいただきました。採卵、移植の前に(特に、体外受精の最終段階である胚移植の前)は、この御札に一念するようにしています。

私ども生殖医療従事者の仕事は将来赤ちゃんになる運命を持った卵を最高のテクニックで安全に取り出し(採卵)、お預かりした卵と精子にいつでも最高の環境を提供し(培養環境)、最高の技術で受精させ(cIVF or ICSI)、その結果できた最高の受精卵を最高のテクニックで母親にお返しする(胚移植)という一連の流れによって成り立ちます。まさにこれこそ私ども生殖医療従事者のルーティン(ルーティンワーク)であり、常にベストパフォーマンスを発揮できるようスタッフ一同努めています。

16196084_1217805628304084_5026420248509831617_n

 

PageTop