Blogクリニックブログ

卵管が片側しかない場合についての考え方

妊娠における卵管の重要な機能について

手術で片側の卵管を切除した方や過去に受けた子宮卵管造影検査で片側の閉塞を指摘されている患者様がおられます。すでに体外受精を希望されている方は治療方針で悩むことは少ないのですが、これから治療を始められる方についての治療方針をどうするか?悩む場合が多いと思います。
片側卵管になる原因はいくつかあります。(子宮内膜症、クラミジア感染、子宮外妊娠手術など)

子宮内膜症はそれ自体が不妊のリスクですが、卵管閉塞、癒着、狭窄など特に卵管因子の原因として重要です。同様にクラミジア感染も卵管因子の原因になります。これらの疾患のある方は、通常健側(大丈夫な側)の卵管にもこれら病気の影響が及んでいる可能性もあります。(なぜなら、骨盤の中は一つの空間でつながっており、通常片方の卵管だけがやられるということはないからです)。卵管は非常に繊細な臓器で、単純に通路(管)として精子や受精卵を通すだけではありません。卵管は自分から動いて、排卵期になると卵巣に近づいて卵子のピックアップを行います。また、ピックアップされた卵子は、卵管膨大部で受精が行われ、また初期受精卵を育てるために必要な栄養素は実は卵管液の中に含まれています。(体外受精の際の初期受精卵の培養液は卵管液とほぼ同様の組成になっています)。受精卵は卵割を繰り返しながら子宮に移動しますが、この際、卵管内部の繊毛細胞が子宮方向に協調的に動くことで、受精卵が子宮まで運ばれます。(繊毛細胞の協調運動が阻害されて、卵管の途中で受精卵が引っかかると子宮外妊娠になります)。このように卵管は受精の場、初期受精卵の発育の場(初期受精卵への栄養供給)、として重要な機能を担います。子宮卵管造影検査では、通路(管)として通っているかどうかは分かりますが、卵管の正常な機能までは検査では調べられないので、仮に両方が通過と判断されても卵管が正常に機能しているとは限らない、つまり、両方通っているから妊娠できます・・・とはならないのです。(卵管は、実は妊娠に必要な重要な機能を担う臓器です。単なる管と考えている方もいると思いますが、通っていさえすればよいというものではありません)

片側卵管の患者様の妊娠の可能性について

よく患者様には”妊娠の可能性はないわけではないが、片方ないので、単純に計算すると、正常の方の約半分(50%)になります”とお伝えしています。しかし実際には、卵巣からの排卵が必ずしも毎月交互に起こるとは限らない(ランダムの方もいれば、片方の卵巣が内膜症による癒着などなんらかの理由で排卵しにくい状態になっていれば、いつも決まった側からしか排卵しないというような方もいます。私はいつも右からですとか、左から排卵したことがないです、とかいう方もよくみかけます)、上記のような排卵の不規則性や卵管の機能的な部分までを考慮すると、必ずしも確率は半分(50%)ではない、というのが正確なところのようです。

片側しか卵管がない患者様の確率について、ある報告では両側問題ない場合と比較して、15%〜45%程度確率が減ってしまうと記載されています。これまでの治療歴や不妊期間の長さ、患者様の年齢などを考慮して、片側しか卵管がない患者様では通常の方よりも速いペースでのステップアップを考えるのも一法ではないかと思います。また、卵管がない側の卵巣からの排卵周期では妊娠の可能性がほぼゼロとなります。排卵した卵子をピックアップする卵管がないので、受精のチャンスが生まれないためです。(ただし、注意していただきたいのは100%妊娠できませんとは言えない点です。反対側の卵管が万に一つの確率でピックアップするということもないとは言えないためです。人の体は予想に反するようなことも時々おこります。なので、今周期は卵管のない側の卵巣からの排卵周期なのでタイミングを取っても意味がないですとは言えないのです。患者様にも同じようなお話しは一応伝えます。)

喫煙が卵管に及ぼす影響

タバコを吸う人は不妊になると言います。タバコに含まれる有害物質で、卵子が障害を受ける、卵子が破壊されて卵子が減るなども原因として考えられますが、タバコを吸うと卵管の繊毛細胞が破壊されます。受精卵を子宮に運べなくなるので、喫煙者では子宮外妊娠のリスクが高くなると言われています。喫煙で卵管の繊毛細胞が破壊されてしまうと、卵管は妊娠に必要な重要な機能を失い、本当に単なる管になってしまいます。

PageTop