男性不妊症について

女性側の治療を始める前に、まずは男性から検査を受けるという考え方もありです。

女性側の治療を始める前に、まずは男性から検査を受けるという考え方もありです。
お子様を希望されて避妊をしない状態で1年経っても妊娠しなければ不妊症と診断されます。不妊症と診断されると、一般的にはまず女性側が産婦人科や不妊クリニックの門を叩くというのはよくあることですが、医療機関への相談は実は男性の側が先であっても全く構いません。何故なら不妊症の原因のおよそ50%(半分)は男性側に原因がある男性因子だからです。女性側の不妊検査には一部身体的苦痛を伴うものもありますが、精液検査をはじめとした男性の不妊検査にはほとんど苦痛がありません。不妊症の原因を確定するためには男性の検査は必ず必要であり、欠かすことはできませんが、上記の理由からまずは男性側が医療機関の門を叩くという考え方はありだと思います。

不妊治療は夫婦で取り組むべきもの

子育てと同様に不妊治療は夫婦が協力して取り組むべきものです。時々不妊治療を女性任せにしている男性の方がおられますが、おそらくそういう夫婦は不妊治療が中々うまくいかないでしょうし、仮に妊娠された場合でも、以後の子育てでの夫婦の協力関係に一抹の不安が残ります。不妊治療で男性側も積極的に取り組んだ方がよいと考えられる理由としては、仮に女性側に問題があっても、精子の質を向上させることにより、女性側の治療をより軽いものにできるからです。結果としてそれは女性側の身体的負担の軽減、治療期間の短縮、経済的負担の軽減につながります。また、最近分かってきたこととして、男性不妊の患者様では、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症などのいわゆる生活習慣病のリスクが高いことが指摘されています。これはむしろベースにこのような疾患があることが精子の状態を悪くし、結果的に男性不妊につながっているという考え方もできます。


男性不妊症の検査について

男性不妊症の診断・治療において最も基本となるものは精液検査です。精液検査の際は、ご自宅または院内採精室で専用の採精容器に全量を採取していただきます。精液所見は変動することがあるため、特に数値が不良の場合などは出来れば2回の検査を行うことを推奨しています。精液検査では以下の項目について確認を行います。

精液検査確認項目

肉眼所見 正常は乳白色~白色です。血液が混じっていれば血精液、白血球が混じっていれば膿精液と表現します。
精液量 精液量の基準値は1.5ml以上です。
精子運動率 精液を400倍の顕微鏡下で観察し、前進運動精子や不動精子の割合を確認します。当院では、精子の運動性を前進運動精子(活発に直線的あるいは大きな円を描くように動いている精子)で評価しています。精子運動率(前進運動率)の基準値は32%以上です。
精子濃度 精液1mlあたりの精子数を精子濃度と言います。精子濃度の基準値は1ml中1,500万個以上です。精子が見当たらない場合は、精液全量を遠心分離して、それでも精子がいないかを確認します。
精子正常形態率 精液中の精子の形態を見る検査です。精子正常形態率の基準値は4%以上です。
白血球数 精液1ml中に白血球数100万個以上あれば膿精液症と診断されます。

精液検査の基準値について

実は、日本人男性の精液所見の平均値(正常値)というのは分かっていません。なぜなら、普通に妊娠するような男性は精液検査を受けることがないからです。 一般的な精液検査の基準値とは自然妊娠に必要な最低限のレベルであり、これを上回っていないと自然妊娠は難しいという最低限の基準になります。

精液量 1.5ml以上
pH 7.2以上
精子濃度 1ml中に1,500万個以上
総精子数 3,900万個以上
精子運動率 32%以上
精子正常形態率 4%以上
精子生存率 58%以上
白血球数 1ml中に100万個以下

検査所見に基づいた精液所見の表現および診断

正常精液 総精子数が3,900万個以上と前進運動精子が32%以上、形態学的に正常精子が4%以上を満たす場合を正常精液所見と判断します。
乏精子症 総精子数が3,900万個未満
精子無力症 精子運動率が32%未満
奇形精子症 形態正常精子が4%未満
無精子症 射精液中に精子がいない

不妊症夫婦における精液異常の頻度

挙児を希望して不妊クリニックを訪れ精液検査を行った男性の精液所見はだいたい次のような頻度とされています。精液所見正常は全体のおよそ55%程度で、残りの45%ぐらいは何らかの精液異常に分類されるいわゆる男性不妊症とされます。また、注目すべき点としては精液中に精子がまったくいない「無精子症」の男性が全体の10%程度いるという点です。

正常 55%
精子無力症 26%
乏精子症 8%
乏精液症 2%
奇形精子症 1%
無精子症 10%

無精子症に対する治療

不妊男性のおよそ10人に1人は精液中に精子が認められない無精子症と言われています。無精子症についてはその分類や原因に応じていくつかの対処法があります。残念ながら現在の医学では解決できない原因の方もいますが、出来るだけ早期に原因を特定して治療が可能な方については有効な治療をなるべく早く行うことによって、女性側の加齢による妊孕性の低下を避け、挙児を得られる可能性が高くなります。

無精子症の分類と精子回収術

精液検査の結果、射出精液中に精子が存在しない場合を無精子症と診断します。無精子症は下記のように、閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症に分けられます。

閉塞性無精子症

精巣で作られた精子は、精巣上体、精管を通り精液として射出されますが、精液が射出されるまでに通る精路が炎症等によって詰まったり、または細くなることによって精路通過障害が起きると閉塞性無精子症となります。つまり、精巣で精子を作る能力はあるが、精路が詰まった結果、射出精液中に精子が認められない状態となります。
一般的に閉塞性無精子症の患者様は、精巣自体で精子は作られていることから、精巣の精細管や精路である精巣上体管や精管などから、精子回収術によって高い確率で精子を採取することがでます。

閉塞性無精子症の原因
  • 両側精巣上体炎などの炎症
  • 小児期両側鼡径ヘルニア術後の癒着等
  • 精管切断術後(パイプカット術後)
  • 先天性両側精管欠損症
男性不妊_イラスト01
男性不妊_イラスト02

非閉塞性無精子症

精巣で精子をつくる機能が低下し、射出精液中に精子が認められないものを非閉塞性無精子症といいます。射出精液中には精子は認められなくても、精巣内の精細管の一部でわずかに精子がつくられていることもあり、その場合は精子回収術によって精子を回収できる場合があります。
また、何らかの原因により性腺刺激ホルモンが低下し、造精機能が障害されている場合には、ホルモン補充療法により精子形成が認められるようになることがあります。

原因となる疾患
  • クラインフェルター症候群などの染色体異常症
  • 脳下垂体・視床下部の障害による性腺刺激ホルモンの低下
  • おたふくかぜによる精巣炎など

精子回収術の種類について

Conventional TESE
(精巣精子回収術)
顕微鏡を使用せず、精巣から精巣組織をランダムに採取し、その中から精子を回収する方法。 (対象:閉塞性無精子症)
MD-TESE
(顕微鏡下精巣精子回収術)
顕微鏡を使用して精巣から精子がつくられている精細管を見つけ出しその精細管を採取して精子を回収する方法。顕微鏡を使用する高い技術が求められるため、日本でMD-TESEを施行できる医師や医療機関は限られています。(対象:閉塞性無精子症、非閉塞性無精子症)

無精子症患者様に対する当院の治療方法および地域住民の皆様へ

無精子症の患者様ではその原因や状態によって対処法が変わってきます(ホルモン補充療法で精子形成が見込めるか否か?、TESEが必要かどうか?、どのような方法のTESEが必要か?、TESEで精子回収が見込めるか否か?) などです。そこで、無精子症の患者様の治療については、生殖医療を専門とする泌尿器科医の存在とTESEを行うための顕微鏡などの高度な医療機材が欠かせませんが、残念ながら当院には生殖医療を専門とする泌尿器科医が現状では在籍しておりません。男性不妊と女性不妊の治療は同一施設で行えれば理想ですが、高度な男性不妊治療が可能な施設は全国的にも数が大変少なく、また当院の所在地である長野県東信地域には残念ながらこのような男性不妊の高度医療が受けられる施設は存在しておりませんため、当院周辺地域の無精子症の患者様ではお子様をあきらめざるを得なかった方も多いのではないでしょうか?
しかしながら、地域住民の皆様に質の高い生殖医療を提供するという使命を果たすべく、当院は首都圏の男性不妊専門クリニックと連携しながら無精子症の患者様の治療にも積極的に取り組み、無精子症に悩まれる地域の患者様に治療の機会を提供できますよう日々努めております。
他院で無精子症と診断された患者様も、ぜひ当院へお気軽にご相談下さい。

PageTop