Newsお知らせ

EMMA(エマ)&ALICE(アリス)検査の開始について

日頃当院をご利用いただき誠にありがとうございます。

2018年11月~、EMMA(子宮内マイクロバイオーム検査)、ALICE(感染性慢性子宮内膜炎検査)を開始しました。

EMMA検査は、反復着床不全、反復流産などのと関連で近年注目されている子宮内細菌フローラを遺伝子学的に検索するものとなります。子宮内にラクトバチルスと呼ばれる乳酸菌が少ない方では、妊娠率の低下、継続妊娠率の低下、生児出産率の低下につながるという報告がなされました。(Moreno et al. Am J Obstet Gynecol, 2016)
また、これら乳酸菌(いわゆる善玉菌)が少ない方では子宮内が悪玉菌優位となり、これがいわゆる慢性子宮内膜炎と呼ばれる状態を作ります。慢性子宮内膜炎は不妊症女性の約30%、習慣性流産(いわゆる不育症)を引き起こしている患者に関しては60%に及ぶとも言われており、生児獲得につながらない不妊症、不育症という一連の病態に関係しているとが最近分かってきました。ALICE検査では微生物学的レベルで子宮内膜を評価し、慢性子宮内膜炎の患者様の妊娠成績、生産率向上を目指します。従来のERA(エラ)と同一周期で一度に検査が可能となり、これら3つの検査を組み合わせることでこれまで原因不明とされてきた体外受精反復不成功、反復着床不全、反復流産に対する答えが見いだせるのではないかと考えています。

料金(税別)

ERA+EMMA+ALICE(3項目同時検査) 150,000円

EMMA+ALICE(2項目) 55,000円

ALICE単独 45,000円

他院からERA検査のみを希望される方は、現在治療を受けておられる施設の紹介状や肺移植周期の詳細なプロトコール、また治療を受けておられる施設で使用されているホルモン補充に関する情報が必要となります。

PageTop