Newsお知らせ

令和3年1月1日以降の特定不妊治療助成制度について

令和3年1月1日以降の特定不妊治療助成制度について

日頃当院をご利用いただき誠にありがとうございます。
令和3年1月1日以降に治療終了した特定不妊治療(体外受精、顕微授精、凍結胚移植)について、助成対象が拡充となる予定です。(ご自身が対象となるかどうかについては県のホームページ等でご確認下さい)
2月、3月の期間につきましては、旧制度、新制度ともに助成金の申請が非常に多くなり、当院での書類仕上がりに時間を要すること、および県の申請窓口の混雑も予想されることから、助成金の申請を予定されている患者様は早めの申請をお願いいたします。(窓口の密を避けるためにも早めに分散して申請されることを勧めます)
また、助成制度拡充に伴いステップアップ希望者が増える可能性も想定されることから、検討中の方は早めにご相談をいただきますようお願いいたします。
佐久平エンゼルクリニック
院長 政井哲兵
長野県特定不妊治療助成制度の案内↓↓
https://www.pref.nagano.lg.jp/hoken-shippei/kyoiku/jidofukushi/boshi/chiryoshien.html
PageTop