コロナワクチンに対する当院の見解について

コロナワクチンに対する当院の見解

不妊治療中のコロナワクチン接種に関するご質問をいただく機会が増えたため改めて当院の見解を掲載いたします。
1,不妊治療中でもワクチン接種は可能です。
2,妊娠中どの時期でも接種は可能です。
3,接種後に妊娠が判明した場合でも慌てる必要はありません。
4,出産後授乳中でも接種は可能です。

 

新型コロナの重症化リスク
妊娠時≒基礎疾患>>通常時
妊娠中は基礎疾患のある方と同程度の重症化リスクがあります。不妊治療中は妊娠前であるため通常時の扱いとなります。

 

上記を踏まえての当院の見解
(最終的な接種を受ける・受けないについては個人の判断を尊重いたします。接種に関して、患者様よりご相談いただいた際にはには以下のように回答しています)
・不妊治療中(妊娠前)に妊娠後の重症化リスクを下げるためにワクチン接種を検討することは妥当です。(妊娠後に心配するよりもその前に打っておくことを勧めおすすめします。出産後は赤ちゃん連れでワクチンを打ちに会場まで行くこと自体が厳しい可能性があります。)
・アレルギー等で接種できない場合は、普段接することの多いパートナーや家族が受けることで家庭内への持ち込みを減らせる可能性があります。(家庭内感染のリスクを下げることで妊娠中のリスク低下になります)
・ワクチンで男女とも不妊になることはありません。

 

ワクチン接種に関してはもちろん画一的な対応はできず、個々の患者様の背景やリスク要因なども考慮したケースバイケースの対応が求められます。接種に関して不安のある患者様はぜひ遠慮なくご相談下さい。

佐久平エンゼルクリニック
院長 政井哲兵
男女の産み分けについて

MicroSort®「マイクロソート」を用いた
高精度男女産み分け法の導入についてご案内いたします。