1.

体外受精とは

あなたはなぜ妊娠しないのか?という理由を考えたことがありますか?
妊娠が成立するためには”良質の卵子”と”良質の精子”が出会い(これを受精と言いいます)、良質の受精卵となり、子宮内膜に着床する必要があります。
通常のタイミング法や人工授精の場合、すべての出来事が体の中で起こるために良質の卵子が排卵できたのか?や、卵子と精子が出会うことができたのか?(受精したのか?)や、受精卵が着床するために子宮内膜にたどり着けたのか?と、いう全てを計り知ることができません。
体外受精とは、女性の体から卵子を採卵して取り出し、体の外で精子と卵子を出会わせて(受精)、良質の受精卵を選別して子宮内膜に置いてくる(着床の前段階)方法であり、妊娠の必要条件となる全ての過程を目に見える形で行うことができる方法です。

体外受精とは

体外受精のメリット

体外受精のメリットは卵子と精子を直接出会わせ(これを受精と言います)、胚が育つ過程を直接確認ができ、良好な胚を選んで直接子宮の中に置いてくる(胚移植)という、妊娠の必要条件となる受精から着床までの一連の過程を確実に行うことができるという点に尽きると思います。
女性の年齢にもよりますが、一回の胚移植あたりの妊娠率は平均すると30%~40%前後であり、これはタイミング法や人工授精の3倍~4倍という高い妊娠の確率になります。
しかし、女性の年齢の上昇とともに体外受精の成功率も低下していきます。卵管の異常や精子の異常等に
より体外受精でしか子供を望めない患者様にとりましては、少しでも若いうちに治療に進まれた方が体外受精の恩恵をより多く受けることができると考えます。

体外受精のデメリット

体外受精のデメリットは何と言っても自由診療ですので費用負担が大きいという点になるかと思います。
しかし現在は国や各自治体の助成制度も充実しており、費用負担をなるべく少なくしながら治療を受けられる方も増えてきています。
また、排卵誘発剤の使用や採卵時の卵胞穿刺など、体にかかる負担が全くゼロではありませんが、今は技術も進歩し、痛みはほとんどなく、体への負担を極力少なく抑えながら、多くの方がこの方法で赤ちゃんを授かるようになってきました。

補助金・助成制度について

PageTop