EDが原因の不妊症は
近年急増しています

晩婚化や近年のストレス社会の影響等により不妊を訴える夫婦は非常に増えています。不妊症の原因については女性側の加齢による影響ばかりがクローズアップされていますが、実は男性の精子の質も加齢による影響を全く受けないわけではありません。それに加えて近年、男性機能の衰え、社会的ストレスなどの影響により、特に男性側の理由による性交障害(SEXができない)が増えています。その多くがED(勃起不全)が原因とされています。つまり、EDは近年急増中の不妊症の重要な原因の一つになってきています。

EDの原因

  1. 仕事や家庭でのストレス
  2. 不安やうつ
  3. 生活習慣病(喫煙、アルコール等)
  4. 加齢による男性機能の衰え
  5. 過去の性交失敗
  6. 性交時のプレッシャー
  7. 薬の副作用

EDは薬で治せます

EDにはいくつかの原因がありますが、近年増えている心因性EDを中心に、その多くが適切な投薬治療やカウンセリングなどによる不安の除去などで改善が見込まれます。

当院で提供するED治療について

当院の考え

当院は、これからお子様を望まれるご夫婦に適切な医療を提供するための生殖医療専門クリニックです。
近年、生殖医療を必要とするいわゆる“不妊症”の夫婦は非常に多く、およそ5組に1組が不妊症と言われています。しかし、不妊を訴えて来院される夫婦の話をよくよく聞いてみると、実はそもそも性交渉がうまくできていなかったという夫婦が非常に多く、その原因のほとんどが夫のEDであったというケースが増えています。妻の年齢がまだ若かったうちに夫に適切なED治療が行われていれば、人工授精や体外受精などの生殖医療に進まなくても十分子供を持てた可能性は高かったと思われる夫婦はたくさんいます。夫への適切な時期に適切なアプローチが遅れたために、妻に対して必要以上の生殖医療に進まなければならなくなったという現実があるのです。

生殖医療専門クリニックとして最終的な目標は来院されるご夫婦に妊娠していただき元気なお子さんをその手に抱いていただくことと考えています。体外受精などの高度生殖医療はあくまでも目標達成のための手段の一つであり、これに固執する必要はありません。
女性側に高度な治療を施す前に、より身体的、経済的負担が少ない男性側の原因除去は重要なアプローチの一つと考えます。当院では女性、男性双方からのアプローチにより効率的で負担の少ない治療を心掛け、最終目標である“お二人の手にお子さんを抱っこするその日”が1日でも早く訪れるようサポートいたします。

実際の治療

①はじめにカウンセリング(問診・症状の聞き取り)を行います

不妊治療を前提とする場合、しない場合どちらのケースも対応可能です

②場合によっては検査や診察を行います。

他の内科系疾患等の状況によってはED治療薬の禁忌にあたり処方ができない場合もあります

③ED治療薬の処方を行います。

ED治療薬の処方ができない場合は漢方薬などの代替薬の提案や挙児希望を優先される場合は生殖医療へのステップアップなどを提案します

料金

診察料
¥1100(税込)
ED治療薬(1錠あたり)
¥1000(税込)(1錠からの処方も可能です)

※2021年10月現在 料金は予告なく変更する場合があります

オンライン予約

オンライン予約 Book online

初診の方や2回目以降の方、男性不妊(精液検査、ED外来)、子宮癌検診もご予約いただけます。

オンライン予約システム

ブライダルチェックを受けてみませんか?

これから結婚を予定されている方、
将来妊娠出産を希望される方向けの
ブライダルチェックを提供しています。