2.

体外受精の適応となる方

体外受精の適応となる方は、

  • 卵管閉塞や卵管通過障害のために卵子と精子が出会うことができない方(卵管因子)
  • 精子数、精子濃度、精子運動率が低く卵子に到達し受精できるだけの十分な精子を持たない方(男性因子)
  • 排卵障害により多量の排卵誘発剤を使用しないと排卵しないが使いすぎると多数の卵胞が育ってしまい実質的にタイミング方や人工授精が不可能な方(排卵因子)
  • これまでにタイミング法や人工授精を相当数やっているがこれといった原因が見つからないにもかかわらずなかなか妊娠できない方(原因不明不妊)

などが該当します。
また、体外受精は「特定不妊治療」に該当するため、国や自治体から治療に関する金銭面の補助を受け取ることができます。

補助金・助成制度について

PageTop