難治性不妊に対するPFC-FD療法を開始しました。

はじめに

過去に行った流産手術や人工妊娠中絶手術等の影響によって子宮内膜が損傷を受けた結果なかなか子宮内膜が十分な厚さにならず、それが原因で受精卵が着床できないために不妊となっておられる患者様が少なくともおられました。これら子宮因子による難治性不妊症に対してはこれまで有効な治療法がほとんどありませんでしたが、この度当院ではこれらの患者様に対する新しい治療法を導入することになりました。

従来より、再生医療の一つにPRP療法(Plate Rich Plasma=多血小板血漿)という方法があり、整形外科、美容外科領域で用いられてきました。血小板の中には細胞の成長や免疫に関わる各種成長因子等が多く含まれており、局部へ注入することで膝関節や皮膚、毛髪の再生を促進する治療法です。
近年このPRPが、不妊治療に応用され、子宮内膜損傷により従来の様々な薬剤を使用しても厚くならなかった子宮内膜が、十分な厚さになることかが期待されています。しかし、このPRP療法は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、使用にあたっては厚生労働省への認可申請手続きを行う必要があります。この手続き代行に多額の費用が必要なこと、また手続き自体にも長期の時間を要するなど不便な点がありました。

今回導入した、血小板由来因子濃縮物(PFC-FD)を使った不妊治療では患者様ご自身から採血した血液をセルソース株式会社再生医療センター(特定細胞加工物製造許可施設、厚生労働省認可)へ輸送して血小板由来因子のみを抽出・濃縮してフリーズドライ化した後にクリニックへ返送して使用いたします。血小板そのものを注入するPRP療法とは違い細胞成分を除去するため複雑な手続きが必要ありません。凍結融解胚移植スケジュール中にPFC-FDを溶解して子宮内に注入し、内膜が十分な厚さになったことを確認した後に融解胚移植を実施します。

対象

不妊治療中で凍結融解胚移植をご予定の方を対象とした治療となります。特にこれまで流産手術や人工妊娠中絶手術等により子宮内膜が損傷を受けあらゆる治療によっても暑くならない患者様などが対象となります。しかしこれ以外にもご希望の方はどなたでも治療可能です。

方法

患者様のから静脈血を49ml採取し、外注先(セルソース株式会社)に製造委託します。約3週間後、フリーズドライ化されたPFC-FDが届きます(有効期間は6ヶ月です)。PFC-FDを生理食塩水1mlで溶解し、人工授精用カテーテルで子宮内に注入します。

PFC-FD_img00

投与スケジュール

凍結胚移植を予定されている患者様で、胚移植周期のおよそ10日目、12日目の2回子宮腔内へ注入します。胚移植の直前に内膜が十分厚くなったことを確認後、胚移植へ進みます。2回目の注入は患者様の希望により省略も可能です。

料金

2回の注入で150,000円(税別)となります。(1回法の方でも料金は同一です)

その他

胚移植を当院で行わない方でもPFC-FD療法のみの実施も可能です。ホルモン補充周期、自然排卵周期どちらでもPFC-FD投与は可能です。

オンライン予約

オンライン予約 Book online

インターネット上からの診療予約はこちらから。初診の方や2回目以降の方の他、子宮癌検診もご予約いただけます。

オンライン予約システム

男女の産み分けについて

MicroSort®「マイクロソート」を用いた
高精度男女産み分け法の導入についてご案内いたします。